太るとバストアップできるのは本当?

ノーイメージ

「太るとバストアップできる!」

そんな噂があることを、皆さんはご存知でしょうか?結論から言えば、これは本当のことです。なぜかというと、胸の9割は脂肪でできていますので、胸の材料となる脂肪が増えることでバストアップできる可能性があるからです。

ですが、この方法は誰でもそうであるとは言い難い面があり、また太ることで胸を育てようとする場合、どうしても体全体に脂肪がつくことが避けられないなどのリスクが伴うことも確かです。

そこで今回は太ることによるバストアップ法について取り上げ、どのようにすれば太ることでバストアップできるのか、注意点は何かなどについて詳しくご紹介していきます!

胸の大部分は脂肪!だから太るとバストアップできるのは本当です

最初に太るとバストアップできると言いましたが、実際にこの方法でBカップからFカップにサイズアップすることに成功したグラビアアイドルがいることからもわかるように、これは本当のことです。

太ることによってバストアップできるのには、いくつか理由があります。そこで、なぜ太ることとバストアップに関係があると言えるのか、詳しく見ていきましょう。

胸の大部分は脂肪なので脂肪が増えるとバストアップしやすい!

胸は、乳腺:脂肪=1:9の割合でできています。乳腺は赤ちゃんに母乳を与えるための場所なので、とても大切です。そのため、乳腺の周りを覆うように脂肪細胞がつくことで、乳腺を守っているのです。

胸の9割は脂肪なのですから、脂肪が足りないと胸が大きくなることはありません。痩せていると、体全体として脂肪が足りないと言えるので、胸に回る脂肪も当然のことながら減ってしまいます。

そこで、太って体全体に脂肪をつけることによって、胸にも脂肪が回るようにすることでバストアップできるというわけです。

乳腺を刺激するエストロゲンは脂肪でも作られている!

胸が大きくなるためには脂肪の量が足りていることが必要なのですが、それだけで胸が大きくなるわけではありません。胸に脂肪がつくには、乳腺がしっかり発達していることが大切です。脂肪は乳腺を守るためについているのですから、乳腺があまり発達していなければそれほど量が必要とされません。

逆に、乳腺がしっかり発達していると、それを守るにはより多くの脂肪が必要とされます。そのため、胸に脂肪をしっかりつけてバストアップするには、乳腺の発達が欠かせません。では、乳腺はどうすれば発達するのかというと、女性ホルモンエストロゲンに刺激されることによって発達します。

エストロゲンが卵巣でつくられていることは皆さんご存知かと思いますが、実はそれだけではなく、エストロゲンは皮下脂肪組織でも作られています。

ということは、脂肪量が増えれば、エストロゲンの分泌量も増える可能性があるわけですね。それによって、バストアップ効果が期待できるのです。

脂肪が増え体が冷えにくくなることでバストアップ効果が期待できる!

体についている脂肪量が少ない人は、冷え性になりやすいことが知られています。脂肪は体を冷えから守る役割を持っているので、脂肪があまりないとどうしても体が冷えてしまうということです。体が冷えると、その影響で血流も悪くなります。

バストアップするには、卵巣や皮下脂肪組織で作られたエストロゲンをはじめ、胸を育てるための栄養や酸素などが胸まできちんと届かなければいけませんが、それらは血流に乗せて届けられるため、血行が悪いと必要なものが胸に行き届かず胸を育てることができません。

そこで、太って脂肪をつけることによって体が冷えにくくなると、血行促進効果によってバストアップが期待できるということです。

太ってバストアップできる可能性が高いのは痩せ型の人!

ここまでの内容を読んでお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、太ってバストアップできるのは、脂肪の量が足りない人が太ることで脂肪がつくからです。ということは、この方法でバストアップできる可能性が高いのは、現段階で脂肪量が足りない人、つまり痩せ型女性ということになりますね。

では、痩せ型とはどのような状態を言うのかというと、体脂肪率が20%未満であることが目安となります。

痩せ型女子がバストアップするための方法については、こちらの記事で詳細をご紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。→痩せ型女子が選ぶべきバストアップ法について詳しく解説

体脂肪率が20%以上の人の場合、脂肪の量としてはすでに足りていると思われますので、脂肪が足りない以外の理由で胸が小さくなっていると言えます。その場合は、太ってバストアップを目指すのではなく、胸を残して痩せることによってバストアップする方が向いています。
太るとバストアップできるって、本当なんだね。胸はもともと脂肪でできているから、脂肪が足りないとバストアップできないってのは、言われてみれば確かにって思うよ。

でも、脂肪がエストロゲンを作っているっていうのは驚きだったなあ。

太ることによって脂肪が増えて、その脂肪が胸についたりエストロゲンの分泌を促したり、冷えを防いだりすることでバストアップできるということね。

でも、この方法でバストアップできる可能性が高いのは、もともと痩せ型の女性なの。そこだけは知っておくべきところよね。

脂肪がつやすい体の部位がある!胸のみを太らせることは不可能です

ここまで、太ることでバストアップできると言える理由を確認してきましたが、太るとすぐに胸が大きくなると言えるのでしょうか?

残念なことですが、胸のみを太らせることは難しいのが事実です。では、なぜそう言えるのか、理由を確認しましょう。

脂肪は生命維持に大切な部分からついていく!

太る時には、脂肪が体全体にまんべんなくついていくのではなく、生命維持に大切な部分からつく仕組みになっています。

先ほど確認したように、脂肪は冷えから体を守る、エネルギーを蓄えるなど大切な役割を持っていますので、それも納得できる話です。

脂肪がつきやすい順には様々な説があるのですが、いずれにしても生命維持という観点から考えると、胸よりもお腹周りの方が重視されます。そのため、胸に脂肪がつくよりも先に、お腹に脂肪がついてしまうわけですね。

となると、胸だけを太らせるというのは難しいことがおわかりいただけると思います。

エストロゲンの分泌量も関係している!

先ほども少しお話しましたが、胸に脂肪をつけるためには単純に体全体の脂肪の量が増えていればいいわけではなく、エストロゲンに刺激されて乳腺がしっかり発達していることも必要です。

その点から考えても、脂肪を増やせばそれが胸につくとは言えないことがおわかりいただけると思います。

太るとバストアップできると言いますが、脂肪は生命を維持するために大切なところからついていきますから、すぐに胸につくわけではないので胸だけを太らせるというのは難しいんですね。

だからこそ、痩せ型の女性に向いているバストアップ法だと言われる理由が分かる気がします。

太ることで胸を育てるなら太った後胸を残して痩せる方法を試そう

太ったとしてもその脂肪が全て胸につくとは限らないことを考えると、太ることで胸を育てたい場合には、一度体全体を太らせてから胸を残して痩せるようにした方が建設的であると言えます。

ですが、脂肪には、落ちる時は脂肪がつきにくい場所から落ちていく性質があります。これも生命維持という観点から説明できますが、守りたい部分には脂肪をつけたままにしておきたいわけですから、脂肪がつきにくいところから脂肪が落ちていくと言えるのです。

となると、単純にダイエットをしてしまうと、せっかく太って脂肪をつけたのに、胸から脂肪が落ちることになりかねないというわけです。では、そうならないためにはどうすればいいのでしょうか。

太るための方法と、太った後に胸を残して痩せる方法について、確認しましょう。

太るにはどうしたらいい?

痩せている人の場合、栄養や摂取カロリー自体が足りていないこともありますし、食べる量が足りているとしたら、ある栄養素が取れていなくて栄養バランスが崩れているということもあります。そこで、太るためには以下のことを試してみましょう。

  • 食べる量を見直す
  • 規則正しく1日3食食べる
  • 摂取カロリーをチェックする
  • 栄養素が足りているかチェックする

食べる量を見直して、意識すれば食べられる場合はいいのですが、痩せている人は食べたくても量が食べられないという人も多いものです。その場合、吸収を良くするためによく噛んで食べるなどの工夫をすることで、少しでも栄養をたくさん摂れる可能性があります。

1回の食事で量が食べられないからと何度かに分けて食事をすると、すぐにカロリーを摂取できることから食べたものが脂肪として蓄えられなくなります。逆に食べられないからといって食事を抜くと、栄養が足りません。そこで、規則正しく食事をすることが必要です。

食べる量は足りていても、低カロリーの物ばかりを食べていると必要なカロリーが摂取できませんし、また偏った食事をしていると量ではなく栄養素が足りないということも起こります。そこで、摂取カロリーや摂れている栄養素の種類にも目を向けて、食生活を見直すにようにしてみましょう。

太った後に胸を残して痩せる方法

太った後に胸を残して痩せるには、以下のような方法が考えられます。

胸を育てるためには、乳腺を発達させ脂肪を胸につける必要があります。そこで役立つのが、タンパク質や大豆イソフラボンを多く含む食品など、バストアップ効果を持つ食品を毎日の食事に積極的に取り入れることです。

食事制限によるダイエットは、胸を残して痩せたい場合にはお勧めできません。なぜかというと、栄養が不足すると胸に行くべき栄養が足りなくなったりホルモンが上手く作られなくなったりするからです。

そこで、栄養バランスを考えた食事をすることを前提に、バストアップに役立つ食品を取り入れつつ、カロリーを取り過ぎないように意識することが大切です。

また、胸周りの筋肉を鍛えると、胸が垂れにくくなり大きく見えます。

それと合わせて胸以外の部分を引き締めるような運動を取り入れることで、他の部分と対比されて胸が大きく見える効果も期待できます。この時、胸を揺らす運動をすると胸の脂肪が燃えてしまいますので、ヨガやウォーキングなど胸を揺らさない運動をすることがポイントです。

それから、胸を育てるマッサージを合わせて行うことで、胸が小さくなるのを防ぐことができますし、プラエリアなどのバストアップサプリを取り入れたり、ナイトブラや育乳ブラを着用などの専用の商品を利用したりすることでも、胸が小さくなるのを防ぐことが可能です。

ここで具体的な方法を取り上げるととても長くなってしまいますので、胸を残して痩せる方法の詳細についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

太って脂肪をつける段階からバストアップを意識するとより効果的!

ダイエットをすることもそうですが、バストアップも少し対策をしたらすぐに結果が出るというものではありません。そのため、太ってから痩せる方法で胸を大きくすることを考えている人は、太って脂肪をつける段階から少しでも胸に脂肪がつくように早めの対策を始めることをお勧めします。

バストアップに役立つ食品を多く食べる、筋トレによって大胸筋などの筋肉を鍛える、マッサージをするといったことはダイエット中ではなくてもバストアップのために役立ちます。そのため、それらの方法を試しながら脂肪をつけるようにしてみましょう。

バストアップを目的に大胸筋などの筋肉を鍛えたい場合は、以下の記事を参考にしてみてください。バストアップのための胸筋の鍛え方を詳しくご紹介しています。

そっか、バストアップできる可能性があるからって、ただ太ればいいってわけでもないんだね。確かに、太るだけだと、どこに脂肪がつくかわからないもんね。

だから、太ろうとしている時からバストアップを意識して対策をする必要があるんだ!

太ることでバストアップは可能ですが体全体が太ることを知っておこう

以上のことから、次の理由で太ることによってバストアップが可能であると言えます。

  • 胸の大部分が脂肪でできているから
  • エストロゲンは脂肪でも作られているから
  • 脂肪が冷えを防ぎ血行を促進するから

ただし、胸だけ太らせるというのは、脂肪が生命維持に必要な場所からついていくことを考えると難しいと言わざるをえません。そこで、脂肪をつける段階からバストアップ対策を行いつつ、太ることができたら胸を残して痩せる方法を試すようにしたいものです。

また、すでに脂肪が十分あると思われる女性の場合、太る段階を飛ばして、胸を残して痩せる方法を考えた方がスムーズに行くことも知っておきましょう。

太ることでバストアップができるというのは、確かよ。胸の大部分は脂肪でできているし、また脂肪からもエストロゲンが分泌されたり、冷えを防いで血行を促進してくれたりするから、そう言った意味でもバストアップに役立つの。だから、必要以上に脂肪を嫌うことはなのよ。

ただし、この方法でのバストアップが向いているのは、痩せ型の女性。そうでない人は、太ってから胸を残して痩せるよりも、今の状態から胸を残して痩せる方法を試した方がいいわね。

自分に合った方法を見つけて、胸を残しながら他の部分をシェイプアップして、スタイルよくなることを目指したいものね!