胸を残して痩せる方法

ノーイメージ

メリハリのある体を目指してダイエットしたはずなのに、なぜか胸の脂肪が先に落ちてしまった…、そんな苦い経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

体の脂肪は生命を維持するために大切なところにつきやすい性質があるので、胸には脂肪がつきにくく落ちやすいのは事実です。そのため、ダイエットをしたら胸が小さくなってしまったというのはあり得ることなのです。

ですが、少し気をつけるだけで胸を残したまま痩せることも可能なんですよ。では、具体的にどのようなことに気をつければいいのでしょうか。

そこで今回の記事では、胸を残して痩せる方法について詳しく検証していきましょう!

ダイエットをすると脂肪は胸から落ちる!?それを防ぐことが大切です

スタイルを良くするためにダイエットをしたいのなら、体全体は痩せても胸だけは残したいところですよね。ですが、ダイエットをすると胸から脂肪が落ちてしまうことがあります。では、その理由から確認しましょう。

胸の大部分は脂肪ですが胸の脂肪はつきにくく落ちやすい!

女性の胸は、1割を乳腺が占めていて、残りの9割は乳腺を守るためにその周りについた脂肪です。つまり、胸の大部分は脂肪でできているので、その脂肪が減ると胸が小さくなってしまいます。

ダイエットをすると体全体の脂肪が減りますが、実は脂肪には落ちやすい順番があり、胸の脂肪は早い段階で落ちてしまいます。

ダイエットをすると胸から脂肪が落ちやすいのには、理由があります。それは、脂肪にはエネルギーを蓄えたり体温が下がるのを防いだりする役割があるため、体を守る目的で生命維持に必要だと判断される部分からついていくからです。

つまり、お腹周りなど、生きるために大切な臓器がある部分に重点的についていくわけですね。そのため、直接生命の維持に関係するわけではない胸は、もともと脂肪がつきにくく落ちやすいと言えるのです。そのため、ダイエットをすると胸から脂肪が落ちることがあるんですね。

そこで、胸を残して痩せたいのなら、気をつけるべき点があります。

胸の脂肪を減らさないような対策をしたうえでダイエットを!

痩せるためにと一般的に言われているようなダイエット法をそのまま試してしまうと、胸から脂肪が落ちてしまい、体は痩せたけど胸まで痩せてしまった、ということになりかねません。

そこで、胸を残して痩せたい人の場合、胸の脂肪を減らさないような対策をしたうえでダイエットをしなければいけません。

では、どのようなことに気をつければいいのかというと、以下のような方法があります。

  • 食生活に気をつける
  • 胸を揺らさないようにしながら運動をする
  • バストアップマッサージをしながらダイエットする
  • バストアップ用の商品を活用する

それでは、ここからはそれぞれの方法の詳細を確認していきましょう。

ええー、スタイルが良くなるかもって期待してダイエットしてるのに、胸から痩せるのは嫌だなあ。でも、脂肪は体に必要なものでもあるから、生きることに関係するところに重点的につくっていうのは納得だよ。

だから、胸を残せるように意識してダイエットする必要があるんだね。

その通りよ!何も意識せずにダイエットをすると、気づいたら胸から痩せてしまっていたということもあり得るけど、そうならないように考えながらダイエットをすることで胸を残して痩せることができるのよ。

そのためには、食生活に気をつける、運動をするなど、いくつかの方法があるわね。

食生活に気をつけて痩せる方法まとめ!お勧めは糖質制限ダイエット

ダイエットと言えば食事制限というイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、胸を残して痩せたい場合にはこの方法はお勧めできません。なぜかというと、栄養不足になると胸が育たないからです。

栄養不足だと胸が育たない理由

栄養不足だと、以下の理由で胸が育ちにくくなります。

  • 乳腺を刺激するエストロゲンが上手く分泌されないから
  • 胸を育てるのに必要な栄養が足りないから

胸に脂肪がつくためには、脂肪だけがあればいいわけではありません。先ほどもお話したように、脂肪は乳腺を守るためについているので、乳腺が発達していなければ必要な脂肪の量が少なくて済むので、胸につく脂肪は増えません。

そのため、バストアップには女性ホルモンの一種で乳腺を刺激するエストロゲンがしっかり分泌されることが欠かせませんが、栄養不足になるとやはり生命維持を重視するため、生命維持に関する器官に優先的に栄養が使われるので、エストロゲンを作るためには栄養が回らなくなります。

また、胸が育つには細胞に栄養が行き渡ることも必要ですが、栄養不足だと胸が育つための栄養も足りないことになります。そのため、ダイエットのためにと食事制限をしてしまうと、バストを維持したまま痩せることはできないと言えるのです。

もともと痩せているので、栄養不足の可能性があると言われる痩せ型女子の方は、痩せ型女子が選ぶべきバストアップ法の詳細を解説しているこちらの記事も合わせてご覧ください。

お勧めなのは糖質制限ダイエット!

食事によってダイエットをしたいのなら、お勧めなのは糖質制限ダイエットです。そう言われると、脂質はダイエットの敵のようなイメージがあるのにそちらは制限しなくていいのかと思われるかもしれませんが、脂質は女性ホルモンの材料なので、極端に制限するとエストロゲンの分泌量が減ってしまいます。

また、糖質も摂り過ぎが困るだけで、ある程度の糖質が無ければ脂肪が上手く作られなくなるので、制限し過ぎるのも困りものです。

そこで、糖質の量を1日に30gから50gになるように制限しながら、それ以外のものは栄養バランスがよくなるように考えつつ普通に食べるようにすることで、バストキープしながら痩せることが可能になります。

それに運動を組み合わせることで、さらに痩せる効果が高まります。運動をする習慣ができ筋肉がつくと代謝も上がるので、より脂肪が燃焼しやすい体になります。

バストアップ効果を持つ食品を多めに摂ろう

糖質制限ダイエットをしている時に、バストアップ効果を持つ食品を積極的に取り入れることでさらにバストアップ効果を高めることも可能です。糖質制限ダイエット中は糖質以外は普通に食べて大丈夫なわけですから、その点でも便利ですね。

では、バストアップ効果を持つ栄養素と、食品の例をご紹介します。

バストアップ効果を持つ栄養素 食品の例
タンパク質(動物性) 乳製品・肉類・卵・魚類など
タンパク質(植物性) 大豆製品・ナッツ類など
大豆イソフラボン 豆乳や納豆などの大豆製品
ボロン キャベツ・りんご・ナッツ類・レーズンなど
ビタミンA レバー・ウナギ・ニンジン・ホウレンソウなど
ビタミンB6 ニンニク・マグロ・レバーなど
ビタミンB12 シジミ・レバー・牡蠣など
ビタミンC 柑橘類・パセリ・ピーマンなど
ジオスゲニン 山芋

タンパク質は、筋肉を作ったり女性ホルモンの分泌を促進したりといった役割を持っています。動物性のタンパク質と植物性のタンパク質がありますので、バランスよく摂るように心掛けましょう。

大豆イソフラボンは構造がエストロゲンととてもよく似ているため、積極的に摂取することで体内にエストロゲンが増えた時と同じ状態を作り出します。ボロンには、エストロゲン自体の分泌量を増やす効果があります。

ビタミンAやビタミンCは肌にハリを持たせてくれる栄養素なので、胸にもハリが出てバストを綺麗に大きく見せることができます。ビタミンB6にもB12にもタンパク質の代謝を助ける働きがありますし、またビタミンB6はエストロゲンの分泌を促進するのにも役立ちます。

ジオスゲニンというのはあまり聞き覚えのない成分かもしれませんが、バストアップの観点から注目を集めている成分で、女性ホルモンの分泌を活発にする効果を持っています。

タンパク質には新陳代謝を良くして痩せやすくする効果も!

タンパク質には、筋肉や女性ホルモンに関わってバストアップできるというメリットがあるのと共に、新陳代謝を良くする効果もあります。ということは、タンパク質をしっかり摂ることで痩せやすい体作りができるわけですね。

タンパク質のバストアップ効果について詳しく解説している記事もありますので、ぜひ読んでみてくださいね!→バストアップするためのタンパク質の役割

痩せたいからと言って、食べる量を減らして栄養不足になるようなことをすると、胸が痩せてしまうんですね。

バランスの良い食生活をしながら糖質のみを制限したり、バストアップに役立つ食品を取り入れたりすると、胸を残しながら痩せられるんですね。

胸を揺らさないことが大切!運動による胸を残すダイエット法

ダイエットと言えば、やはり運動は欠かせません。ですが、胸を残して痩せたい場合は、運動の際に気をつけなければいけないこともあります。

そこで、どのようなことに気をつければよいのか、どのような運動をすればよいのか、詳しく見ていきましょう。

運動をする時には胸を揺らさないように!

胸を残して痩せたいのであれば、以下の理由で運動をする時に胸を揺らさないようにしなければいけません。

  • 胸を揺らすと脂肪が燃えやすくなるから
  • 胸を揺らすとクーパー靭帯が伸びたり切れたりするから

胸の脂肪は、揺らすと燃えやすくなります。さらに、そこに有酸素運動を組み合わせると、ますます脂肪が燃えていってしまいます。ということは、ジョギングや縄跳びなどの運動は、胸を残して痩せたい場合には注意が必要な運動ということになります。

また、胸は以下のような構造になっていて、クーパー靭帯で大胸筋に繋がれています。
バストの断面図

つまり、クーパー靭帯が胸を引き上げる役割をしてくれているわけですね。このクーパー靭帯は、切れたり伸びたりしたら元には戻らない性質をしています。そのため、胸を揺らしてしまうと、クーパー靭帯を傷める原因になり、胸を引き上げる力が無くなって胸が下垂します。

胸が下垂するとバストトップの位置も下がりますし、小さく見えますので、クーパー靭帯を傷めないように気をつけることも胸を残して痩せたい時には意識しなければいけないことだと言えます。

胸を揺らさない方法とは?

胸を揺らさないようにするためには、以下のことを試しましょう。

  • スポーツブラを着用する
  • 胸が揺れにくい運動を選ぶ

お勧めの方法は、スポーツをする時専用のブラ、スポーツブラを購入することです。スポーツブラは運動をする時に胸が揺れないようにすることでクーパー靭帯や胸を守るのと共に、運動もしやすくなるというメリットを持つ商品です。

これを着用すれば、胸の心配をすることが無く様々な運動ができます。ジョギングや縄跳びなどの運動も、そういった激しい運動にも対応できるスポーツブラによって胸を保護した上でなら行っても問題がありませんので、しっかり運動したいと言われる方はぜひ購入しましょう。

スポーツブラを購入する際には、サイズをきちんと合わせることに気をつけてください。せっかく購入しても、サイズが合わないと胸が揺れる原因になってしまいます。

スポーツブラの選び方をご紹介する記事もございますので、ぜひチェックしてみてください。→スポーツブラの正しい選び方

スポーツブラを買うのはちょっと…という場合には、胸が揺れにくい運動を選ぶようにしたいものです。脂肪を減らすうえでお勧めなのは、ウォーキングやヨガです。有酸素運動なので脂肪が燃えやすいですし、胸も揺れにくい運動に分類されるからです。

とはいえ、これらの運動でも絶対に胸が揺れないというわけではないので、少しでも不安があるのならやはりスポーツブラの購入を考えた方が安心です。販売元によっては、歩いたりヨガをしたりといった軽めの運動に向いた商品も扱っているところがあります。

大胸筋や小胸筋など胸周辺の筋肉を鍛えるのもお勧め!

先ほどご紹介したウォーキングやヨガ以外に胸を残して痩せるためにお勧めなのが、大胸筋や小胸筋など胸周辺の筋肉を鍛えることです。

胸周辺の筋肉は胸を支えたり引き上げたりする役割を持っていますので、鍛えることで胸が下垂するのを防ぎ、大きく見せる効果が得られます。また、運動をすることによって血行も促進されるので、胸まで栄養や酸素、女性ホルモンが届きやすくなる点でもお勧めです。

胸周辺の筋肉を筋トレによって鍛えること自体にバストアップ効果があるので、胸を残しながら痩せるのに役立つというわけですね。

詳細をご紹介するとかなり長くなってしまいますので、具体的なトレーニング法についてはこちらの記事を参考にしてみてください。→バストアップのための胸筋の鍛え方を詳しくご紹介

時間が取れない人にお勧めのながらダイエット!

何かと忙しくて運動をするための時間が取れない人には、ながらダイエットをお勧めします。家事をしながらダイエットをすることができるので、忙しい女性には嬉しい方法です。

簡単なもので言えば、歩く時に普段より少しだけ高く膝を上げて床をしっかり踏んで歩くという方法でもダイエットになるんですよ。上半身を前に傾けて、床と水平になるような位置まで太ももを上げて歩くと、より負荷の高い運動になります。

それでは、料理中にできるダイエット法を見てみましょう。

1、背筋を伸ばし、顎を引いたい状態でお腹を引っ込める。
2、足の裏全体がつくように意識しながら床を押すイメージでその場で足踏みする。

次に、寝ながらできる簡単なダイエット法をご紹介します。手足の先に滞っている血液を流すのにも役立つので、ぜひ試してみてくださいね。朝起きた時や、寝る1時間から30分程度前に行うと効果的です。

1、両手と両足を真上に上げた状態で仰向けに寝る。
2、手足を力を抜いた状態で揺らす。

このように、とても簡単な方法でもダイエットができますので、毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

部分痩せによって胸と対比させる方法も!

ダイエットをする際に全体的に体重を落とす方法もありますが、例えば下腹を部分痩せすると、引きしまったお腹周りとの対比で胸を大きく見せることができます。そこで、下腹を部分痩せする方法をご紹介したいと思います。

まずは、とても簡単な方法からご紹介します。それは、下腹に力を入れてへこませる、力を抜くという動作を繰り返すことです。これならテレビを見ながらでもできますね。もう少し負荷をかけたい場合は、下腹をへこませた状態を保ってみましょう。

もう一つ、足を上げた状態で行う体操もご紹介します。

1、両手を広げた状態で、足は揃えたまま伸ばして床に寝そべる。
2、足が90度になるように、下腹部を意識しながらゆっくり上げる。
3、足をゆっくりと下ろす。
4、これを10回程度繰り返す。

お腹を引き締めると言えば、腹筋を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんね。腹筋の場合、胃からおへそまでを引き締めるのに効果がありますので、そちらも気になるので引き締めたいと言われる人は、合わせてやってみてください。

ダイエットに運動は欠かせないけど、激しい運動をして胸を揺らすと胸の脂肪が燃焼されて胸が小さくなってしまうの。

だから、運動をする時には胸が揺れない状態を作った上で、筋トレをしたり部分痩せの方法を試したりすればいいのよ。

バストアップマッサージも胸を残すには有効な方法です!

マッサージやツボ押しにも、バストアップ効果が期待できます。そのため、運動などの方法で体重を落としている時に、バストアップマッサージやツボ押しを行うことも、胸を残して痩せるためには有効な方法だと言えます。

それでは、バストアップマッサージとバストアップに効果的なツボ押しのやり方について確認しましょう。

バストアップマッサージ

マッサージをすると、血流が良くなることでバストアップ効果が望めます。では、簡単なマッサージ法を一つご紹介します。
バストアップマッサージ

マッサージをする時には、クーパー靭帯を傷つけることが無いよう、強い力を加えるのではなく優しく撫でるように行うのがポイントです。マッサージ用のクリームやオイルをつけて行うと、やりやすくなります。

バストアップのためのツボ押し

次に、バストアップに役立つツボをご紹介します。

◎中府(ちゅうふ)
中府(ちゅうふ)
鎖骨の外側部分から、親指1本分ほど下に行った部分にあります。血行促進に役立ち、また刺激することで胸のリンパの流れもよくなるため、胸にハリが出てバストアップ効果を得ることができます。円を描くようにしながら揉み、3秒止めることを20回程度繰り返してみましょう。

◎屋翳(おくえい)
屋翳(おくえい)
乳首の真上の方の、2番目と3番目の肋骨の間にあります。このツボも血行促進に役立ちますし、また代謝を促すことで女性ホルモンの分泌を活発化することでもバストアップに役立ちます。ツボを3秒ほど押し、3秒離すという方法で刺激してみましょう。

バストアップ効果のあるツボについて詳しく解説している記事もありますので、ぜひチェックしてみてください。→バストアップ効果のあるツボをご紹介

バストアップマッサージをしながらダイエットをすると、胸が小さくなりにくいから胸を残して痩せるのに効果的なんですね。

ツボ押しにもバストアップ効果がありますから、マッサージと合わせて試してみたいですね。

ナイトブラや育乳ブラなどバストアップ用品も活用しよう!

胸を残しながら痩せるには、ダイエットをしつつバストアップ専用の商品を活用することも役立ちます。では、どのような商品があり、どのように役立つのかを詳しく見ていきましょう。

ナイトブラ

夜寝ている時専用のブラであるナイトブラには、以下のような効果があります。

  • 胸に脂肪を定着させ胸の形を整え大きくする
  • 寝がえりによってクーパー靭帯が傷まないように保護する
  • 胸が動きにくいので寝やすくリラックス効果が高まる

ナイトブラは寝ている間に胸がどのように動くかを研究して作られた専用の商品なので、寝ている時に胸から脂肪が流れないように胸に定着させる効果を持っています。そのため、胸の形が崩れにくくなりますし、また脂肪が胸に定着することで胸を大きくすることにも役立ちます。

ナイトブラをするとどのような効果を得られるのかを解説している記事もありますので、ぜひ読んでみてくださいね。→ナイトブラの効果とは

育乳ブラ

育乳ブラとは、その名の通り胸を育てることを目的としたブラです。どのような仕組みになっているのかというと、脇や背中に流れた脂肪を寄せ集め、胸に固定することによってバストアップするという仕組みです。

そのため、バストアップができるのはもちろん、脇や背中もすっきりするというシェイプアップ効果まで得られるんですよ!

これは、胸を残して痩せたい人にはとてもピッタリの商品だと言えるのではないでしょうか。

バストアップサプリ

バストアップサプリは、バストアップに役立つ成分を含んだサプリメントで例として以下のような成分があります。

バストアップに役立つ成分 バストアップに役立つ理由
プラエリア 女性ホルモンと似た働きをする成分
ボロン エストロゲンの分泌量を増やす

プラエリアとは、大豆イソフラボンと同様にエストロゲンととてもよく似た成分で、大豆イソフラボンよりもさらに高い効果が期待できることが知られています。

ボロンは食べ物から取る場合と同じですが、食べ物から十分な量が摂れない場合にはサプリで補うのも効果的です。

胸を育てることを目的として作られているサプリなので、ダイエット中に飲むことで胸が小さくなるのを防ぎつつ痩せることが可能です。

そっか、ナイトブラや育乳ブラならつけるだけで効果があるから、手軽でいいよね。せっかくついている脂肪を無駄にしなくていいっていうのが画期的!

サプリも飲むだけだから、これも手軽でよくて、ぜひ試してみたい方法だね。

胸を残して痩せるなら食生活の改善や運動などの方法を試そう!

以上のことから、胸を残して痩せるためには次のような方法があると言えます。

  • 栄養バランスに気をつけながら食生活を改善する
  • 胸を揺らさないように工夫しながら運動をする
  • ダイエットをする際にバストアップマッサージやツボ押しを併用する
  • ダイエットをしながらバストアップ専用の商品を活用する

何気なくダイエットをしてしまうと胸から脂肪が落ちる可能性が高いので、胸を残して痩せるのであればバストアップ対策をしながら痩せることが大切だということがわかりますね!

脂肪は生命を維持するために大切な体の部位につきやすいから、ダイエットをすると残念なことに胸から脂肪が落ちてしまうことが多いの。だから、胸を残して痩せたいのなら、バストアップを意識しながらダイエットをすることが大切ね。

そのためには栄養バランスのいい食事をする方法や、胸が揺れないように保護した上での運動など、いくつか方法があるわね。

自分に合っていると思う方法の方が続きやすいから、これならできそうだと思えるバストアップ法を選んで行いながらダイエットをすることが大切よ。両方を継続して、ぜひメリハリボディを手に入れたいものね!