痩せ型貧乳女子が選ぶべきバストアップ法とは?食事や運動も大切!

2017/01/09

「大きさはいいんだけど、形が悪い」「だんだん垂れてきた」「とにかく小さい」などなど、バストの悩みにはいろんなタイプがあります。その中でも、バストが小さいことにお悩みの女性は特に多いもの。

さらに一口に胸が小さいといっても、体型全体とのバランスによって、お悩みの内容や深さも変わってきますよね。体型は人それぞれですが、全体的に痩せ形で貧乳だという女子はかなり多いのではないでしょうか。

それでは、痩せ型貧乳女子に最適なバストアップ法とは、どんなものなのでしょうか?今回は、そこにスポットを当てて考えてみます。どうせやるなら、自分の体型とバストに合った方法で、育乳を目指しましょう!

よく聞くバストアップ法、「太ってから痩せる説」は本当に効果的?

胸が小さくて悩んでいる女性には、バストだけじゃなく全体的に痩せている根っからの貧乳体質という人も多いと思います。そんな女性向けのバストアップ法として、「いったん太ってから胸だけ残して痩せる」という説はよく耳にしますよね。

まずは、この育乳法は本当に効果的なのかどうかを検証してみたいと思います。

バストの脂肪だけ残せれば効果的!

まずは、バストの構造から確認しておきましょう。

バストの断面図

バストは、このように乳腺とクーパー靭帯、そして脂肪組織から構成されています。バストアップには乳腺の発達も重要ですが、バストの大半を占める脂肪組織を増やすこともとっても大きなポイントとなります。

したがって、いったん太ってバストの脂肪を増やし、その後にうまく胸の脂肪だけ残してダイエットすれば、痩せ型女性でもバストアップすることは理論的に可能です。

特に痩せ型貧乳女性は体脂肪率が低く、バストにも脂肪がつかないことが貧乳の原因であるケースが多いものです。したがって、いったん太ってから痩せるのは、効果的な方法だと言えます。

太りたくても太れない原因とは?

育乳のためにはいったん太ることが必要と言われても、そもそも痩せ型女性には太りたくても太れない体質の人も多いものです。それには、以下のような原因が考えられます。

  • 胃腸が弱い
  • 虚弱体質
  • 遺伝的に基礎代謝が高い

中でも多いのが、胃腸が弱い体質です。胃腸の働きには、大きく分けて「消化能力」と「吸収能力」の2つがあります。

どちらか一方の能力が弱いと、食べたものがきちんと吸収できずに、下痢しやすくなります。あるいは、排せつする働きが弱く、便秘になる傾向があります。胃腸が弱くて太れない人は、食べたものが早く便として出すぎて、栄養がじゅうぶん吸収できないために太れないのです。
引用元:昌平クリニック

このような場合は、太れるよう努力することが健康にもバストアップにもつながるのです。

プロテインもおすすめ!

食べてもじゅうぶんには吸収されず排出されてしまうのであれば、少しでも吸収量を増やすために食べる量を増やすのもひとつの手です。胃腸が弱い人は、元々食が細い人も多いですから、食事量や摂取カロリーを増やすのは有効な手段と言えるでしょう。

しかし、太るためといっても暴飲暴食はNGです。ただでさえ弱い胃腸に負担がかかってしまい、逆に健康を害してしまうおそれもあります。

痩せ型女性が太ることでバストアップを目指すなら、たんぱく質であるプロテインを飲むのもおすすめです。プロテインには原料によっていくつかの種類がありますが、痩せ型女性が脂肪や体重を増やす目的で飲むなら、脂肪が多く含まれているカゼインプロテインがよいでしょう。
私からすれば、太らない体質の人なんてすごくうらやましいけど、ご本人としては貧乳も含めて深いお悩みなんだろうね。

巷にはプロテインダイエットなんていうのもあるけど、太るためにプロテインを飲むのもアリなんだね!確かに胃腸が弱くて太れない人には栄養補給にもなって、効果が高そう!

しっかり食べて眠ろう!女性ホルモン分泌を促す生活習慣に改善!

貧乳さんの中には、バスト以前にガリガリな身体がコンプレックスという女性も多いのではないでしょうか。太ってから胸だけ残して痩せればいいと言われても、太れないから悩んでいる方もきっといらっしゃいますよね。

そのようなタイプの女性は、健康的に太れるような体質にしていくことが必要です。そこで、うまくバストアップにつながるような体質改善法についてご紹介します。

基本的な生活習慣を見直そう!

胃腸が弱かったりすることが原因で太れないという人は、食べることにあまり興味がなかったり、欠食が多かったりする傾向があります。なので、まずは以下のような基本的な生活習慣を身につけることが大切です。

  • 1日3食きちんと食べる
  • しっかり眠る
  • ストレスを溜めない

これまで朝ごはんを抜いたり、夜は炭水化物を取らなかったりしていた女性なら、1日3食きっちりとバランスのとれた食事を摂るだけでも、体重や脂肪を増やせることでしょう。

サプリメントに頼りすぎない

先ほど、プロテインを飲むのも太るためには効果的であることをお伝えしました。しかし、&vせ型で食べることにそれほど興味がない人の場合、プロテインなどのサプリメントを使うとそれだけで栄養を摂っている気になってしまい、ますます食事がおろそかになる恐れもあります。

なので、サプリメントを使う場合はあくまでも補助的なものと考え、食事が第一であることをじゅうぶん意識するようにしましょう。

女性ホルモン分泌を促す食生活

さて、食事が大切なのはお分かりいただけたかと思いますが、具体的にどんな食事内容にすればいいでしょうか?体質改善を目指し、バストアップに重要な女性ホルモンの分泌を促すための食生活を送るには、以下の食材を積極的に取り入れましょう。

食材 効果
味噌・豆腐・納豆などの大豆製品 女性ホルモンの働きを良くする
キャベツ・りんご 女性ホルモン分泌量を高める
納豆・ヤマイモ 消化吸収を促す
モロヘイヤ・オオバコ 炎症や潰瘍を抑える

これらの食材を中心に、痩せ型女性に不足しがちなタンパク質や脂質、炭水化物を積極的に摂りましょう。

毎日しっかり眠ろう

食事だけでなく、じゅうぶんな睡眠をとることも体質改善には大いに役立ちます。

睡眠時に分泌される成長ホルモンには、運動や労働、怪我などで疲労・破損した体組織を修復・再生する働きがあります。睡眠を取ると疲れが取れるのは、睡眠中に成長ホルモンが身体のメンテナンス(調整・修復)をしてくれているからなのです。

睡眠が不足すると、身体が十分にメンテナンス出来ないので、疲れが取れない状態になってしまいます。成長ホルモンは、身体の様々な組織の修復・再生をする働きがありますが、肌もその一つです。
引用元:駒沢メンタルクリニック


眠りのサイクル

このように、深い眠りのときに多くの成長ホルモンが分泌されます。つまり、夜更かしせずよく眠ることがより多くの成長ホルモンの分泌を促し、健康的な身体を作り、かつバストに張りを与えることにつながるのです。
食事に睡眠…とっても当たり前のことですけど、こういうところに気をつけて生活することで、胃腸の調子やホルモンバランスも整って、健康的に太ることができるということですね。

とても痩せている女性には、生理がきちんと来ないケースも多いようです。適度にふっくらすることで、女性ホルモンの分泌が良くなって子宮や卵巣の機能も回復しますし、それはバストアップにもつながりますね!

大胸筋を鍛えよう!筋トレも組み合わせればさらに効率アップ!

食事や睡眠などの基本的な生活習慣を整えたら、それだけで栄養の吸収が良くなり、健康的に太れる身体に近づけます。それに加えて大胸筋を鍛えるための筋トレを行えば、より効率的なバストアップが可能になります。

胸板を厚くしたい!

痩せている女性は上半身や胸板が薄く、そのせいでよけいにボリュームのないバストに見えてしまいがちです。そのため、筋肉トレーニングをして大胸筋を鍛えることも、バストを大きくキレイに見せるためにはとっても有効です。

また、太ることができてからダイエットする際も、筋トレをすることでバストまで痩せてしまうのを防ぐことができます。

大胸筋を鍛えるための筋トレ法としては、以下のようなものが代表的です。

  • 腕立て伏せ
  • 合掌ポーズ
  • ダンベル運動

バストアップに特化した、自宅でできる腕立て伏せをご紹介します。

膝をついてする腕立て伏せ

腕を肩幅に開き、ひじを曲げて床につけます。腕を左右交互に伸ばして曲げることを繰り返します。

ジムに通うのもおすすめ!

痩せ型貧乳キャラの女性の場合、そうでない体型でバストアップを願う女性とは違い、いったん太ってから上手にバストだけ残しつつまた痩せなければなりません。胸も落ちてしまったらただ元通りになるだけですし、痩せられなかったらもっと悲惨なことになってしまいます。

また、基礎代謝が高いことが原因で痩せ型である人の場合は、筋肉をつけてしまうとますますバストの脂肪が減ってしまうリスクもあるので、気をつけなければなりません。

なので、まず自分がどのようなことが原因で太りたくても太れない体質なのかを、見極める必要があります。

そして、いったん太ることができたら、ジムなどでどの程度のトレーニングがいいのかトレーナーにアドバイスを受けるのも良い方法です。

太ることに成功しても、胸だけうまく残してダイエットできるかどうか、ちょっと心配だよね。ただダイエットするだけでは、お腹や太ももの脂肪といっしょにバストの脂肪も落ちてしまいそうで怖いよ~。

そうならないために、ジムでボディメイクの専門家に聞きながらダイエットするのは、安心感があっていい方法だね!

でも、それ以前になぜ太れないかを把握しておく必要があるってことだね。自分が太れない原因の見極め方ってあるのかな?

目安としては、元々食が細かったり胃が痛むことがある人や、下痢や便秘をしやすい人は胃腸が弱いタイプと言えるわね。

逆に、たくさん食べてるのに太れない「痩せの大食い」な人は基礎代謝が高いタイプと言えるわ。基礎代謝の高さは遺伝することも多いから、家族みんな痩せているという人は、このタイプの可能性が高いわ。

ジムで基礎代謝量を測ることもできるから、一度行ってみるのもおすすめよ。いずれにしても、筋トレは絶対欠かせないわ!

生活習慣が大事!痩せ型の原因を特定できれば貧乳の克服も可能!

痩せ型貧乳女性の中には、太ってから胸だけ残して痩せる方式のバストアップ法を、一度は考えてみたという方も多いと思います。でも、バストアップ以前にまず太る必要があるこの方法は、なかなか太ることさえできないという女性には難しいものだったりします。

そこで、まずは健康的に太れるようになるべく、よく食べてよく眠り、体質改善をすることから始めると良いことをお伝えしてきました。栄養をしっかり吸収できるようになれば、自然と女性らしい身体つきになっていきます。

バストが大きくなったと思ったらダイエットに切り替えれば、健康的で美しいボディの出来あがりです!くれぐれも、筋トレをしてバストをキープするのも忘れないようにしましょうね。

とても細い体型の女性がバストだけ大きくするのは、そう簡単なことじゃないわよね。全体的に脂肪が少ないからバストも小さいのが当たり前で、育乳したいならまず太るべきと言われているのは自然なことよね。

太るためには体質改善が必要な女性も多いから、まずはしっかり食べてよく眠り、ストレスをためないようにすることが大切よ!

そうすれば、バストアップだけじゃなく、健康で女性らしい素敵な身体に近づけるわ!メリハリボディ目指して頑張りましょう!

この記事をシェアする!